2015年08月09日

KATSUKI2

ss300-2015_0810_b01_0082-02.JPG四国職業能力開発大学校 
最大荷重 30.98KN
最大変位 298mm
特徴(パンフより)
金物を使わず、木材のみで組み立てました。格子状に組み、交差している部分の接合力で耐力を出しています。また、仕口は下げかまで引き抜きがなるべく起こらないように工夫しました。

主な使用材料 
木材  非耐力柱:すぎ  柱・梁・土台・二重土台:ひのき  込み栓:かし
非木材  なし
続きを読む
posted by 太郎丸 at 20:13 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びわ湖1号

 ss300-2015_0810_b01_0065.JPG木考塾  
最大荷重 46.45KN
最大変位 324mm
特徴(パンフより)
この耐力壁は、概ね全ての材料を国産赤松を用いて製作しています。構造要素は貫であり、その貫を前後に傾斜をつけて配置することにより、多くの貫を用いる事が可能となりました。更に、挟み梁の要素を取り入れた部材を足元に配置し、金物との取り合いを工夫したことで、引抜きに対する抵抗と剛性の向上を目指しています。
主な使用材料 
  木材  桁、柱、土台、貫、楔:赤松 込栓:白樫
  非木材 偏心座付きボルト、座金 

続きを読む
posted by 太郎丸 at 19:12 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aegis(イージス)

ss300-2015_0810_b01_0031-02.JPG滋賀職業能力開発短期大学校
最大荷重 34.57KN
最大変位 362mm
特徴(パンフより)
5年前の「傾斜貫型耐力壁」から始まり、近年は貫の持つ粘りと筋交いの持つ堅さの2つの特徴を兼ね備えた「筋交い型耐力壁」へと進化してきた。そして本耐力壁は、滋賀職能大の集大成として粘りと硬さを兼ね備えたハイブリッドな耐力壁が完成した。
主な使用材料 
  木材  赤松、樫
  非木材  なし

続きを読む
posted by 太郎丸 at 16:12 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いたまさん

ss300-2015_0810_b01_0051-02.JPGtokyo kiba 勝 timbers(東大農学部)
最大荷重 30.87KN
最大変位 134mm
特徴(パンフより)
多摩産材のヒノキをふんだんに使い、金物を一切使用せず板壁を基本として作製しました。板壁の弱点である剛性は施工精度と四周に打ち込んだ木ダボで解消し、高い靭性を貫によってさらに高める仕様としました。柱脚に補強材を用いることで引抜耐力の向上を図りました。
主な使用材料 
 木材  桁、柱、土台、板:ひのき 木栓:しらかし 柱脚補強材:ウリン 
 非木材 なし

続きを読む
posted by 太郎丸 at 14:11 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコウォール

ss300-2015_0810_b01_0010-02.JPG東京都市大学 大橋研究室
最大荷重 28.37KN
最大変位 328mm
特徴(パンフより)
大橋研究室は代々金物を使用しない耐力壁の作成に取り組んでおり、今年もその伝統を引き継ぎました。注目点ブロックを使用しているという点です。ブロックの連結にはロープを用いています。「将来的には端材をも活かすことのできる壁をつくる」ということを目指して今回このようなスタイルになりました。
主な使用材料 
  木材  土台、桁、柱、貫、二重土台、ブロック…けやき 
      やとい…LVL(カラマツ) くさび…さくら
  非木材 なし

続きを読む
posted by 太郎丸 at 13:10 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

めりかべ

ss300-2015_0809_b01_0156.JPGポラス建築技術訓練校
最大荷重 31.07KN
最大変位 337mm
特徴(パンフより)
去年のデザイン賞を獲った壁を改良し、デザインを損ねることなく強度も出すために栓を増やし、めり込みによる耐力を最大限まで活かせる形にできました。

主な使用材料
  木材  全体:ヒノキ  栓:カシ  やとい:LVL
  非木材 

続きを読む
posted by 太郎丸 at 12:09 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Y、矯正中

ss300-2015_0809_b01_0094.JPG東京工業大学 坂田研究室 篤志隊
最大荷重 31.27KN
最大変位 222mm
特徴(パンフより)
斜材の一端を併せ貫に接合させることで引き独鈷を中心とした回転が生じるようにし、柱脚部に作用するの引張力を軽減させるように設計した。斜材端部はほぞ形状とし、圧縮筋かいの機能を持たせた。また、柱と斜材をスギにすることで材料費を削減し、昨年度と同等の初期剛性をもたせながら変形性能の向上を期待する。

主な使用材料 
 木材  桁・雇い材:マツ 独立柱・土台・貫:ヒノキ 
     斜材・柱:スギ 込栓:カシ                             
 非木材 


続きを読む
posted by 太郎丸 at 09:08 | Comment(0) | 2015-08・第18回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする