2009年09月08日

「縄」の耐震要素の系譜

縄を耐震要素にした壁については2004年の第7回大会に2体の参戦があった。新世代軸組研究会は東大の院生チームであるが、その後も「縄」をテーマにチャレンジしている。
壁の完成段階でいかに縄に張力を確保するのか、というところが、施工法の工夫につながっていくことがよく分かる。スパイダーマン2はスパイダーマンと基本的には同じ形状だが施工法の改良には驚いた。

 2004年 Mr.マギー 3.70KN
  2004_09_1002.jpg 新世代軸組研究会
  竹匠 10.99KN 
  2004_09_1001.jpg 岐阜森林文化アカデミー
 2005年 あやとり 6.99KN
  2005_09_1001.jpg 東大大学院木質材料研究室
         +アキュラホーム
   
 2006年 − 
   
 2007年 スパイダーマン 13.89KN
  スパイダーマン チーム匠
 2008年 スパイダーマン2 17.50KN
  2008_0926_0550s.jpg チーム匠
posted by 太郎丸 at 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 木耐-耐震要素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ガラスの耐力壁

耐震要素にガラスを用いた耐力壁がガラ紋シリーズだ。固いガラスを木の枠に組み込んで耐力を得ようというユニークなアイデア。壁名のガラ紋はウルトラマン世代の委員長の稲山氏が考案したからなのか、それはよく分からない。

ガラ紋
 
続きを読む
posted by 太郎丸 at 11:16 | Comment(0) | 木耐-耐震要素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

縄で引っ張って耐力壁になるの?

綱引きで使う縄より2廻りほど細い縄。この縄を耐震要素として使かってチャレンジした耐力壁があった。
縄そのものは引っ張りで力を発揮するしかない。そのために、施工段階ではとにかくピーンと張りきらないと耐力壁としての力は出ないだろう。どういった方法で張力を与えられるのかが最大のポイント。

第7回の予選に出場した2つの壁はともに、2本あるいは数本束ねた縄をよりながら張りを持たせる方法は基本的には同じ。

Mr.マギーは襷がけの縄によるいたってシンプルなもの。縄中央に角材を差込みそれを回転させてより、逆回転してもどろうとする回転を柱に引っ掛けて止めている。


 
 
続きを読む
posted by 太郎丸 at 18:45 | Comment(0) | 木耐-耐震要素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする