2013年08月22日

初代MOTONARI

2013-0817-06-300.jpg滋賀職業能力開発短期大学校 
最大荷重 32.47KN
最大変位 382.60mm
特徴(パンフより)
昨年の「2代目ダイアゴナル」を進化させた「初代MOTONARI」の誕生です。昨年の仕様に対し、貫を8本から4本に減らし、「柔」から「剛」へと変えました。耐力壁下部の補強としては添え土台と大床、上部は添え桁で補強しました。私たちの住む地元琵琶湖の湖材(赤松)をふんだんに使用した耐力壁です。
 主な使用材料
 木材  赤松、樫
 非木材 なし


■組み立て・解体



■対戦    (vs HPW07 845) (vs 螺旋力)
ss-2013_0818_01_5001.jpg

ss-2013_0818_03_0043-02.jpg

■損傷の状態
ss-2013_0818_03_0044-02.jpg

ss-2013_0818_03_0051.jpg

ss-2013_0818_03_0053.jpg

ss-2013_0818_03_0060.jpg

ss-2013_0818_03_0064.jpg
posted by 太郎丸 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013-08・第16回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372675744

この記事へのトラックバック