2011年10月13日

頂(いただき)

 2011_1010-07-300.jpg株式会社
ポラス暮し科学研究所 
最大荷重 48.35KN
最大変位 235mm
特徴(パンフより)
『筋かい』を設けた耐力壁で、『60KN』を超えることだけを考えて壁を設計しました。
いかに壁両端の柱に作用する引抜き力を減らするかがポイントです。
『木材による筋かい』の可能性を追求した結果です。
■解体
posted by 太郎丸 at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011-10・第14回耐力壁JC−T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック