2009年09月12日

ポラス暮らし科学研究所の系譜

ジャパンカップ要項の制限が変わっていく契機の多くの部分に、ポラスが毎回提案する壁の影響がある。要項の読み込み、そこから可能性を探り、新しい発想を組立て、それに伴う材料の選択、施工・解体の手順や工具の選択、予備実験による性能検証など本気度が明らかに他のチームを上回る。狙いは総合得点ではなく、あくまでもトーナメント戦(強度部門)の優勝。つまり最強の壁を目指している。トーナメント戦は通算5回の優勝(8回出場中)。

しかし、予選突破には、必ずしも強度があればよいというわけではなく、総合点で8位以内には入らななければトーナメントには進めない。そこがこの競技の面白いところ。どうしたことか、第11回の昨年はそのポラスが苦渋を飲んでしまった。
予選用の仕様と決勝用の仕様の造り分けなどは、大会後ごとの議論のテーマになるほどだった。改変された制限を再び超える提案でチャレンジしてくるのがポラス魂といえるのだろう。昨年の借りは、きっちりと最終回にという想いであるに違いない。

第7回からは他のビルダーの参戦により、企業間の戦いの様相が鮮明になってきた。その戦いがジャパンカップの楽しみにもなった。強さを求めるのは人間の本能なのかもしれないし、企業としては、勝ち負けが出るだけに分かりやすい営業効果があるのだろう。第10回の決勝戦は水入り再試合になるほど拮抗した高強度の耐力壁の戦いとなり、木造の次元を超えるものと思えた。一方で、この戦いで勝利したポラスの「短足の後進」は、金物使用に対する木造耐力壁としての適正な作り様とは?という議論にもつながることになった。
競技の中でポラスの見所は、対戦もあるのだけれど、何といっても解体のときのパワフルさが他を圧倒している。丸ノコでアンカーボルトをも切断する荒業、掛け矢やバールの激しい使い方など見ごたえ満点であった。しかし、これには危険も伴うことであり、使用工具の制限、解体エリア外へ飛び出た端材へのペナルティなど要項の見直しにつながっていくことになった。
組立てでは、ビスの打ち方、薄鉄板の使い方、補強の考え方など実用的に参考になる工夫がなされていることがよく分かり、実際にその構造的効果を加力戦で見ることができるわけだ。このブログの中でも気づいた点は示してきたつもりだが、動画でないとわかりにくいかもしれない。
 [記事記述 2009.09]

■2013年   
  RE・BORN(リ・ボーン)  
[2014.08追記]
 
 2013-0816-03-150.jpg最大荷重 33.27KN
最大変位 234.80mm


■対戦■■■
vs 矢来
vs ITAMADO2
 
  頑固親父   
 2013-0817-01-150.jpg

最大荷重 30.25KN
最大変位 38.80mm

■対戦■■■
vsポリテクのXX
vs矢来
 
■2011年
 頂(いただき)
[2012.09追記]
2011_1010-07-150.jpg最大荷重 48.35KN
最大変位 235mm
■対戦
vs Diagonal
vs 紬
決勝 vs初代ユキヒロ
最終加力戦
 アロエリーナDX
ss-2010-1010s-001.jpg


最大荷重 31.07KN
最大変位 350mm

■対戦
■2010年
アロエリーナ
[2010.10追記]
1009-02-150.jpg最大荷重 21.18KN
最大変位 221mm
■対戦
 (vs パッチワークス )
 (公式ホームページより)
メビウス
1010-06-150.jpg

失格(桁施工時間15分超え
のため)
最大荷重 36.76KN
最大変位 307mm

■対戦
■2009年   
   『後世(あす)への架け橋』 
 [2010.08追記]
 
 ss2009_0926_0199-300s.jpg決勝進出敗退

最大荷重35.76KN
最大変位 285mm

■対戦
vs やせ蛙 
vs 秋田職能短大SP
vs カップラーメン3
vs あやめ(菖蒲)) 
 

 ■2008年   
  天地創造   
 2008_09_p01.jpg 予選 
16.38KN 
9位予選敗退
 2009年はリベンジに
燃えているはず
  ごっつり壁   
 2008_09_p02.jpg 予選 
21.38KN 
予選敗退
  
  ワーレントラス   
 2008_09_p03.jpg 予選
10.43KN 
予選敗退
  
 ■2007年   
  短足の後進  準々決勝準決勝決勝
 最終加力戦組立解体
 
 2007_09_p01.jpg 予選 
29.97KN
4位
2007_12_p01.jpg 決勝 
62.83KN
8位 
トーナメント戦優勝
  枠縁  準々決勝組立解体 
 2007_09_p02.jpg 予選 
18.88KN
5位
2007_12_p02.jpg 決勝
51.15KN
7位
  GORI-WALL   
 2007_09_p03.jpg 予選
17.80KN
9位予選敗退
  
     
 ■2006年   
  七式-改良8型  準々決勝準決勝決勝
 組立
 
 2006_09_p01.jpg 予選 
21.60KN
7位
2006_12_p01.jpg 決勝 
37.80KN
7位
  大自然   
 2006_09_p02.jpg 予選 
10.39KN
10位
  
     
 ■2005年   
  筋かいの逆襲  準々決勝準決勝決勝
最終加力戦
 
 2005_09_p01.jpg 予選 
25.87KN
1位
2005_12_p01.jpg 決勝 
39.06KN
8位 
トーナメント戦優勝
  チャレンジャー   準々決勝準決勝 
 2005_09_p02.jpg 予選 
25.57KN
8位
2005_12_p02.jpg 決勝 
37.46KN 
5位 
耐震部門賞
     
 ■2004年   
  開かずの扉   準々決勝準決勝決勝
最終加力戦
 
 2004_09_p01.jpg 予選 
29.47KN 
2位
2004_12_p01.jpg決勝 
約47.0KN
7位 
トーナメント優勝 
  BOWS    準々決勝準決勝 
 2004_09_p02.jpg  予選 
25.67KN
1位
2004_12_p02.jpg 決勝
29.9KN
5位
     
 ■2003年   
  CROSS(苦労っす)! 予選約27.0KN 4位
 決勝 29.7KN 3位 トーナメント優勝
  一番(一板) 予選 約32.6KN 7位
 決勝29.9KN 5位
     
 ■2002年   
  忍二 予選 ? 
 決勝49.68KN(2P) トーナメント戦1位タイ
  パルテノン 予選 ? 
 決勝 49.68KN(2P) トーナメント戦1位タイ
     
 ■2001年   
  忍 予選 31.99KN(2P) 3位
決勝 約41.0KN(2P)準決勝敗退
【チーム別木耐JCの系譜の最新記事】

posted by 太郎丸 at 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | チーム別木耐JCの系譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127851522

この記事へのトラックバック